- 超高分解能電流経路映像化に向けた取り組み -

Focus 002 の開発

薄膜磁気センサでは、走査方向に空間分解能が依存します。当社では、積分幾何学的な方法を用いながら電磁場の基礎方程式を解く再構成ソフトウェアを開発しました。この方法を用いることにより、薄膜の膜厚スケールまで空間分解能を高めることができます。

- 原子間力顕微鏡をより身近に -

原子間力顕微鏡は電子顕微鏡に比べて、使い方が難しいと言われる理由として、探針-試料間距離の帰還制御があります。当社では、帰還制御の全自動化を目指し、ユーザーの負担を軽減させる技術の開発を進めています。

▲ページトップへ